プロフィール


長山智美
インテリアスタイリスト。
雑誌『Casa BRUTUS』、 『ELLE DECO』などのインテリアやプロダクトページのスタイ リングが主なお仕事。
他に企業ショールームやカタログのインテリアスタイリングなどなど。
ただ今この秋のデザインイベントなどに向けてインテリア企画の仕込み中です。
また、最近は勝ちどきにありますセレクトショップ『@btf』のウェブサイトにて雑貨 オンラインも始めました。ぜひのぞいてみてくださいね!

tomominagayama@excite.co.jp
最近のお仕事
『Casa BRUTUS 11月号』

「連載:デザイン狩人」「リチャード・ジノリタイアップ」


『ELLE DECO 11月号』

連載「TREND WATCH」




『無印良品の家』
店頭ポスター、リーフレット
<   2008年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧
香港行って来ました・その2。
d0152059_244721.jpg(前回のあらすじ)あの森田恭通氏と夢のコラボ、6月に竣工する、<GLAMOROUS>内装の香港ゴージャスマンション・ショールームにてインテリアスタイリングをさしていただくコトになりました。

そんでもって「じゃあそのゴージャスマンション、中身はいったいどんななの?」ってさっそく興味津々の方々も多きコトでしょうが、残念ながらその内装はまだまだお披露目前のトップシークレット。だけど、ちなみにインテリアにはこんなポルトロナフラウのスツール(写真上)やらあんなドリアデのスタルクチェア(写真下)なんか入っちゃいますとの先見せインテリア速報でござります。
d0152059_2443164.jpg取りあえずはコレでもって内装も「あんなかな? 」とか「こんなかな? 」とかご想像くださりませ〜。
[PR]
by tomominagayama | 2008-02-29 03:08 | お薦め情報 | Comments(0)
香港行ってきました。
d0152059_1182595.jpgあの森田恭通氏と夢のコラボ、6月に竣工する、<GLAMOROUS>内装の香港ゴージャスマンション・ショールームにてインテリアスタイリングをさしていただくコトになりました。でもって今回はあらかた仕上がった内装のチェック、スタイリング用小物探しにと香港へ。で、さっそく聞き込んだのは、「コアなインテリアショップが一つの建物の中にたくさん入ってるところがあるから、ぜひスタイリング用にチェックされたし」つう現地スタッフ情報。
d0152059_1185036.jpg「ふふん、な〜んだ、ひとつね、たったひとつ。てコトは6階建てくらいのビルなら、まあせいぜい30件、ミラノ・サローネの比じゃないっしょ、楽勝楽勝〜♪」なんてなカルイ思い込みで、まずは観光、もちろん飲茶。午後ようやっと重い腰上げ、タクシー乗り付けてみたら、待ってたのは何と27階ビルヂング! しかも全てのフロアにショップがぎっしりと分かって、ガガ〜〜ン!! どこにどんな系のショップがあるのか、なんてな親切なダイレクトリはさすが中国に限ってあるはずも無く、やむなく最上階から1フロアずつトボトボチェックし、ようやく夜7時に全フロアを完了できました。で、分かったコトは、ココのほとんどがディープオリエンタル天国(写真上)かまたは中国キッチュランド(写真下)。こんなのが、グラマラス系ゴージャスマンションに相応しいはずはもちろん無く、「でもこんど万が一、中華料理店のスタイリングなんてのがあったらココ来ちゃいましょ。ココならバッチシね! 」てな負け惜しみなんかも言ってみて、疲れ果てた自分を自分でちょっぴり慰めてみちゃいました☂
[PR]
by tomominagayama | 2008-02-28 02:15 | 日々のつれづれ | Comments(0)
芥川賞作家ミステリ@料理屋enaka
d0152059_23112576.jpg奥泉光の『モダールな事象 桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活』(文藝春秋)はワタクシのNo.1☆間違いナシ作品。ミステリプロット自体はたいしたコトないながらも最高峰にくだらないコトを最高峰に格調高き文体でシニカルにかつえげつなく綴った、さすが芥川賞作家!(文章ちょ〜上手いゾ!)なミステリなんでございます。すでに何度も読み返して、「文章ちょ〜上手いゾ! さすが芥川賞作家!」と毎度なコトを思っては、ちょっぴりジェラシーなんかも感じちゃったりして、そもそもコレを読まれてしまうとワタクシの拙くもアホな文章のネタバレにもなりかねず、そう言う意味ではあまり大ぴらに宣伝もしたくないんでございますが、この本は①まずブ厚い、②芥川賞作家、つまり難解そう、③しかも高い(1,950円税込み)という悪条件三拍子三ツ巴揃い踏みにつき、ワタクシの知り合いには読まれたお方々はまずいるはずも無く、でもって「あの桑幸がさぁ〜」なんてな読了した者同士のコアな会話もできそにないなと痛感しつつも、やむなくお披露目に至ったのでございます。
あ、それで作中、女性ジャズシンガーとその元ダンナという探偵コンビ「元夫婦デカ」が中目黒の<メロウメロウ>なる店でたびたび「捜査会議」と称しては酒&ゴハンするんでござりますが、この店、イカスミのスパゲッティーもあれば鮒寿司もあり、チャンジャもあれば山羊のチーズもあるというミステリアスなメニューでもって、しかも美味しい店には違いなく、自称奥泉ファンのワタクシ、「いったいどこにあるんでしょう?」と常日頃より探しておりました。<料理屋enaka>はそんなとき『Casa BRUTUS』スタッフからぐうぜん聞き及んだお店。実はまだenaka未経験ながらも、さっそくチェックした『食べログ.com』によると、どうもその評価もメニューの不可解さもがメロウメロウチック。とにかくワタクシ、今週中にぜったいぜったいココに行かしていただきます〜。
[PR]
by tomominagayama | 2008-02-24 00:34 | ミステリーの部屋 | Comments(0)
『GQ』も本日発売
d0152059_337676.jpgエグゼ雑誌『GQ』も本日発売。ワタクシが毎月おセレブ系お部屋を提案さしていただいてる、佐竹穣氏イラストがすてきな連載「ROOM」は今号で早くも6回目。「シリコンバレーに住むアーティストの書斎」なるよく分かんないような、でもなんとなく想像できるよーなキャラクター設定にて、ハイエンド系あんな家具(写真下)やこんなモノをイロイロ紹介しとります。で、みなさまこちらもご高覧、しかとよろしくお願いいたします。
d0152059_3411539.jpg
[PR]
by tomominagayama | 2008-02-23 03:53 | お薦め情報 | Comments(0)
新装刊『ATES』
d0152059_3165644.jpgこれまでおウチでゴハンをテーマとしていた『ATES』がリニューアル新装刊。本日発売の号から『pen』のよりオトナな雑誌、いわゆる40代以上エグゼ向け「アニpen」的誌面に生まれ変わりました。で、ワタクシもこちらで「デザインの価値」なる新連載をスタート。アートにキュレーターがいるようにアートなインテリアをインテリアキュレーターとして毎月セレクトさしていただいてます。今回、記念すべき連載第一回は日本の偉大なる建築家&デザイナー、倉俣史朗氏のわずか50台限定復刻、しかも1,260,000円なんてな尽きぬけたお値段の高級透明プラスチックワゴンについて、熱〜く語っとります。みなさま、ぜひこの機会にぜひお手に取ってご高覧くださいまし。
[PR]
by tomominagayama | 2008-02-23 03:36 | お薦め情報 | Comments(0)
Casaイケメン3人組
d0152059_3461646.jpgあのオシャレな雑誌『Casa BRUTUS』はいったいどんなお方々が、作ってらっしゃるの?? てな訳で、今回はCasaイケメン3人組の登場です。
連載「カーサの猫村さん」でもお馴染み、左から<Vシネ副編><勝ち組副編(注:現在は編集長)><クールビズ(注:現在は副編)>で〜す。
ナゾのヒヨコともどもよろしくね♡
[PR]
by tomominagayama | 2008-02-22 03:58 | 日々のつれづれ | Comments(0)
スタイリストのヒミツ その1
d0152059_6214040.jpg2年ほど前の『VOGUE NIPPON』でのスタイリング。主役はガスレンジ上、レイモンド・ロウイーの<ル・クルーゼ>50'S復刻お鍋でございます。イメージは『マディソン郡の橋』でメリル・ストリープがクリント・イーストウッドをお招きするのに、ディナーなんか作っちゃいそなキッチン。で、回りに配したいかにもアメリカなフードたちはモチ、ワタクシの個人私物でございます。なにせアメリカモン好きのワタクシ、アメリカ旅行は観光もせず、まいにちスーパー&ドラッグストア。巨大スーツケースも別送品用段ボールも準備バッチシ余念無く、買い付け品直輸入に励みます。
d0152059_622575.jpg必死で持ち帰った食品はパケージをキレイにキレイにとっといて、こうゆう機会についに日の目を見せてやれるのです☀
[PR]
by tomominagayama | 2008-02-20 06:46 | 作品セレクション | Comments(0)
♡USB♡
d0152059_437238.jpgワタクシのUSB♡
いつも撮影に連れてって、フォトグラファーに写真を入れて下さるようお願いします。でもなぜだかコレ出すとみなさまくすくす笑うのです....。つなぐとパカパカ健気に光られます。
[PR]
by tomominagayama | 2008-02-20 04:44 | ファンタジーセレクション | Comments(0)
直木賞ミステリ@サイゼリヤ日本橋浜町店
d0152059_1181260.jpg言わずと知れた東野圭吾の最高傑作にして直木賞受賞作『容疑者Xの献身』。で、なぜにファミレス? なぜにサイゼリヤ? なぜに日本橋浜町店?と疑問に思う方、多いコトと存じます。がしかし日本橋人形町2丁目、水天宮前在住のワタクシ、しかと見抜きました。「コレはまさにウチのご近所を舞台にしたミステリである!」と。で、そうゆうジモッピイな視点で読んでみると、作中ヒロインが働くお弁当屋さんとは<トルナーレ日本橋浜町>なるインテリジェントビルの真向かいに位置し、彼女が呼び出しくらうファミレスなるモノはまさにこの<サイゼリヤ日本橋浜町店>のはずなんでございます。そ言えば、東野氏の『ゲームの名は誘拐』つう作品も、水天宮前の<ロイヤルパークホテル>が舞台になっておられました。しかもその構造が作中、メイントリックとして重要な役割を果たすと言う、ファンならきっと一度は泊まってみた〜いに違いないミステリアスなホテルであられるのです。で、そんな東野氏はきっと日本橋人形町近隣の在住かもしれず、「ならば、いつか近所のファミマあたりでお会いできるかも?そしたら必ずご本にサインなんか貰っちゃいましょ♡」と思いつつ、またもや新たな東野作品を求めて、駅前書店<BOOKS PISMO>にのこのこ出かけてくワタクシなのでした〜。
[PR]
by tomominagayama | 2008-02-18 01:52 | ミステリーの部屋 | Comments(2)
♡ファーファパペット♡
d0152059_63939100.jpg通りがかりに立ち寄ったおセレブショップ<LOVELESS>で見た瞬間、とってもすごく死ぬほど欲しくなってしまった<ファーファ>パペット。オシャレお洋服などにはいっさい目もくれず「コレくださいっ!」とレジにまっしぐら。がしかし、お店のおにーさんは「コレはディスプレイです」と....。あきらめきれず、ファーファ前でず〜〜っと佇んでた不憫なワタクシに同情したのか、心優しき『GQ』編集担当者さまがネットでGETしてくださりました。そんでもってファーファ、もうすぐおウチに届くのです〜、キャ♡
[PR]
by tomominagayama | 2008-02-16 06:39 | ファンタジーセレクション | Comments(0)


検索
最新のコメント
とってもすてきなお部屋で..
by キラキラエンジェル at 23:48
本日無事に撤収完了いたし..
by ワリタ at 18:39
長山さん、いろいろありが..
by ニシ at 10:10
更新楽しみにしています^^
by 木坂健宣 ブログ at 18:52
興味深く拝見させていただ..
by アフター一発 at 13:21
はじめまして 東北地震..
by sakayahidaka at 11:09
http://www.g..
by 札幌 ゴルフスクール at 15:23
http://www.t..
by 札幌 税理士 at 15:02
http://www.a..
by 札幌 工務店 at 18:29
こんにちは。 色鉛筆、..
by rijitaro at 09:21
ファン
ブログジャンル
画像一覧
woman.excite TOPへ Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム